家庭内における健康管理の適任者

健康診断業務の適任者

私たちは年に一度、健康診断を受ける機会があります。その時にとても気になることがあるんです。健康診断というと、社内の人がたくさん列をなして受けるのですが、結構流れ作業的な感じが多いなと思っています。健康

適任者からのアドバイスでさらに健康になる!

若い頃は特に普段の生活で健康を気にすることは余りありませんでしたが、病気になったり30歳を超えて自分の体に自身がなくなりだして、初めて健康の有難さに気付くようになりました。また、常日頃から健康を維持す

若い頃は特に普段の生活で健康を気にすることは余りありませんでしたが、病気になったり30歳を超えて自分の体に自身がなくなりだして、初めて健康の有難さに気付くようになりました。また、常日頃から健康を維持す

健康を維持するための健康管理の適任者

生涯、健康の維持を保とうと思った時に自分ひとりの力ではなかなか厳しいものがあります。子どもの頃、身体のことなど健康に気を使ってくれる人は身近にいる親です。特に家で家事を担ってくれる親の存在はとても大き

父の健康管理の適任者

父が、病気で入院することになった。健康な家族ばかりだったので、今まで誰も入院した経験がなかった。だから、何をして良いのか全くわからなかった。何より、手術後の父の看病が不安だった。母はとても不安そうで、

健康は社会人適任者の必須条件。

会社員にとってプロジェクトメンバーの適任者に抜擢されることは目標であり、そのために日々頑張っているといっても過言ではない。男女雇用機会均等法が制定され、女性であっても適任者としての資質があるとみなされ

家庭内における健康管理の適任者

長寿の国日本ですが、「皆が健康か」と問われるとそうでもないのが現状です。特に東日本においては、医者不足の蔓延で、家族の健康管理はとても重要です。健康とは、体や心の状態のことを指し、さらにその状態が良いことを指すこともあります。英語ではhealthと言います。家族が健康であることは誰もが願っていることです。公的機関の広報には毎月健康についての相談や診断を行う趣旨の告示があり、また日本では神社に健康祈願をする風習があります。誰しも、加齢や免疫不足で健康が衰えることがあります。しかし家庭内のちょっとした工夫で健康な家庭を築くことができます。それには適任者がいるはずです。日頃からテレビの健康番組を見て情報を得ている人、薬局に掲示してある健康情報を得ている人、何気ない会話の中にある健康志向を汲み取っている人などです。例えば、東北地方では昔から「林檎が赤くなると医者が青くなる。」と言われています。他に、「酒は百薬の長。」という言葉も古くから言い伝えられてきました。さらにアロエは別名が「医者いらず」と言うそうです。また、情報の中には、特定の人に適応するものもあります。家族の健康を管理するには家族の性質を読み取り、情報を取捨選択していくことです。そのうちに家族の性質がさらに明確になることもあります。また、その性質は変化していくものでもあります。そして、適任者が気をつけなければならないことは、注意喚起は数回繰り返すことです。適任者は、女性でも男性でもかまいませんし、大人でもこどもでもさらにはペットでも良いと思います。

プロ野球選手は身体や心の健康が大切。その適任者にはやはり、年上の奥さんじゃないかと思うんです。

私は野球が好きです。子どもには、野球をやってほしいと思っています。実際、お腹にいている頃からプロ野球から高校野球、国際試合までテレビでやっている野球の試合はほとんど見ていましたので、実際、今3歳前になりましたが、野球が大好き。すでに、ボールを投げて遊んでいます。そして、夜はお笑い番組よりもプロ野球。本当に野球漬けです。プロ野球選手は、高給ですが、色々と大変だなぁと思いながら見ています。ほとんど休みがなく、その上、健康の管理はしっかりとしなくてはなりません。身体が資本。身体の健康、肉体の調子はきちんと管理しないと一年140試合も持たないと思います。そして、そんなプロ野球選手をサポートする適任者は年上の奥さんだと思います。そのような事例から、私はメンタルケアの必要性を強く感じます。若くして、結婚する方も多いですが、お金や身体、私生活などを管理するにはしっかりした年上の奥さんが本当に適任者だと思うんです。中にはうまくいっている夫婦もあるかと思いますが有名選手を見ると半分以上は年上の奥さんだとか。現在現役の超有名選手は同じ年のタレントさんと結婚しましたが、もう離婚間近。その上、高額な慰謝料や養育費を請求しているとか。これから日本のプロ野球をしょってたつ大切な選手だけに、そういうことで、調子を崩して欲しくないデス。ゆくゆくは、大リーグにも挑戦するとかしないとか、っていう話もありますし。もっと、野球に専念出来る環境を作ってほしいとプロ野球ファンからすると切に願うのです。彼の健康や身体の管理をきちんと出来るもっと適任者はいなかったのか。いないのか・・・って、ほとほと思うのでした。